• ホーム
  • あなたの今の肌は何歳?乾燥肌?オイリー肌?気になる肌年齢のチェック方法

あなたの今の肌は何歳?乾燥肌?オイリー肌?気になる肌年齢のチェック方法

スキンケアは十分に行っているのに、若い時から使用している化粧水では肌がしっとりとしないと感じたり、人気の高い美容液をスキンケアに取り入れても肌質改善につながらないなど、自分のスキンケア方法が正しくないのではと不安に感じている女性は少なくありません。若い頃は肌トラブルが起こりにくかったという方も、年齢を重ねると刺激に弱くなる敏感肌や、カサつきの目立つ乾燥肌など肌質の変化が顕著になってくるといわれています。そのため肌年齢に気づかずに、昔と同じスキンケアを繰り返しても肌質改善には繋がりません。

肌トラブルを悪化させないためには、まず今の自分の肌質や肌年齢を詳しく知ることが重要になり、そこからどんなお手入れを行っていくべきか考えることが重要です。そこで自分で行える肌年齢のチェック方法として、基本となるのが肌本来が持っている水分量と皮脂量の割合をチェックすることで、そこから乾燥肌、オイリー肌、混合肌など適切な肌質を理解することが出来ます。まず、肌トラブルの原因に繋がりやすい肌の乾燥度合いを確認する方法としては、朝起きた時の肌のコンディションをチェックする方法です。まず朝起きた時に肌に白く粉が吹いているようにみえたり、肌表面にツヤがなくザラザラとしている、メイクのノリが悪い方は角質層の水分量と皮膚の分泌量がいずれも不足しているため乾燥が進行してしまっています。

朝起きた時にTゾーン部分がテカっていて、頬と口周りが乾燥している場合、小鼻周辺の毛穴が開いていて吹き出物が同じ場所に出来やすい場合は、混合肌に分類されます。皮脂腺の多いTゾーンはベタつきやすく、目元や口ものがカサつきやすいのでニキビや吹き出物がしやすい傾向にあります。朝起きた時にTゾーンが汗をかいたようにテカっている場合や、日中に肌のテカリが目立ちやすく全体にツヤがある状態はオイリー肌に分類されます。角質層の水分と皮脂の分泌量が多く、過剰な皮脂によって毛穴が開きやすいため皮脂が詰まりやすく吹き出物が目立ちやすくなる特徴を持っています。自分で行うチェック方法ではある程度の肌質の傾向を判断することは可能ですが、詳しい肌年齢に関しては美容皮膚科や化粧品ブランドのカウンターなどで、肌質チェックをしてもらうことで判断してもらうことが出来ます。正しい知識を手に入れることができれば、自然と自分に適したスキンケア方法が理解することが可能です。