• ホーム
  • まさかこれも?ホルモンバランスの乱れと女性の体の不調の関係性

まさかこれも?ホルモンバランスの乱れと女性の体の不調の関係性

体調管理やスキンケアに気を使っている女性は多いですが、疲れやすくてやる気が出なかったり、肌荒れが気になるという体の不調が起こっている場合考えられる原因はホルモンバランスが乱れている可能性があります。

ホルモンバランスは女性の体と密接な関係があり、体の不調を上手くコントロールするためにはホルモンバランスが乱れる原因をきちんと理解しておくことが大切です。まず女性から分泌されているホルモンが乱れる原因として挙げられるのが、加齢やストレス、不摂生な生活の3つで、加齢の場合若い頃は十分な女性ホルモンの量が分泌されている特徴を持ちますが、年齢を重ねるごとに分泌量は減少していきます。ホルモンが減少することによって体内の機能が低下すると、様々な不調が現れやすくなる傾向にあります。

ストレスの種類は人によって様々だといわれており、忙しい生活や精神的な緊張感、激しい気温差など心身が受けるストレスは異なります。ホルモンの分泌は脳からの指令によって行われていますが、ストレスを受けた状態は脳の機能を低下させてしまう特徴があるため、ホルモン分泌に必要な体の各部位が適切に働かなくなってしまうのです。最後に不摂生な生活は、普段の生活の中で睡眠不足や暴飲暴食といった生活を続けると、体が受ける負荷が大きくなり機能が十分に働かなくなったり、内臓が弱くなってしまう特徴を持ちます。その結果体の機能が低下してしまい、必要なホルモンが作られずバランスが崩れる原因になります。

そして女性にとってホルモンバランスが大きく変化する原因の一つに生理周期があります。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分類され、生理周期によって分泌量が変化するのですが、分泌サイクルが乱れると生理不順につながる恐れがあります。特にプロゲステロンの変動が多いとされる排卵後から次の生理までの時期は、心身の不調が目立ちやすくなる時期でもあるので、ストレスを溜め込まない生活をおくるなどリラックスして過ごすことが大切です。

ホルモンバランスの乱れで体の不調が気になる時は、栄養バランスの取れた食事をとり、十分な睡眠とストレス発散を行って心身ともに健康に過ごす心がけが必要です。忙しい時などは栄養バランスのとれた食事をすることが難しい場合も出てきます。そんな時には、不足しがちな栄養成分を補助するサプリメントなどを活用することによって栄養バランスを整える方法もおすすめです。