• ホーム
  • 保湿だけでなく食べ物でも改善?日々できる乾燥肌対策についてのまとめ

保湿だけでなく食べ物でも改善?日々できる乾燥肌対策についてのまとめ

肌クリームの瓶を持っている女性

秋から冬の季節は湿度が下がり、空気が乾燥しやすくなる時期でもあるので、日頃から部屋を保湿したり加湿を行って湿度管理を行ったり、保湿ケアが行えるスキンケア化粧品を利用している方も増えてきています。特に、若い頃とは異なり、年齢を重ねた肌は内部の潤い成分が不足しやすくなっているため、保湿対策をしていないとどんどん乾燥肌が進行してしまう悪循環を引き起こします。肌の乾燥はほぼ全ての肌トラブルの原因といわれるほど、非常に危険な状態なので、かゆみや痛みなどの症状を引き起こす前に早めに自分にあった対処を行う必要があります。

医療機関などに相談をする方法もありますが、まずは自宅で行える保湿ケアでも対策をすることは十分に可能です。まず普段行っているスキンケアなら、化粧水や乳液といった基本的なお手入れに合わせて、保湿効果をアップさせてくれる美容液をプラスする方法がおすすめです。美容液は普段使用しているスキンケア化粧品の浸透率をアップさせる美容効果を持ち、保湿効果を向上させてくれる役割を担う化粧品です。そのため乾燥が気になるという方は、保湿効果の高い化粧水や乳液に美容液を取り入れることで、肌免疫を高めて内側からハリのある肌質に整えるよう心がけることが大切になります。

乾燥肌対策は外側からの保湿も重要ですが、健やかな肌を手に入れるためには体の内側からも栄養バランスの整った食事をとることが重要です。体を構成する上で食生活を見直すことは非常に大切だといわれています。バランスの良い食事をとると胃腸の環境が良くなると同時に、肌免疫も安定しやすくなります。肌免疫が高まると外部からの刺激に強い肌を手に入れることが出来るので、肌の乾燥や肌荒れなどのトラブルを未然に防ぐことが可能になるのです。

では実際にどのような食べ物を積極的にとるべきかというと、緑黄色野菜に含まれているβカロテンは、皮膚や粘膜などの体の免疫力を向上させる効果を持ちます。体の免疫力が上がると紫外線やストレスによってダメージを受けたり、皮膚のバリア機能が低下してしまうのを栄養成分がサポートしてくれるので、緑黄色野菜の食べ物は出来るだけ普段の食事に取り入れることが大切です。忙しいという方などは、野菜ジュースにして飲むことで、手軽に必要な栄養素を摂取することが出来ます。他にも肉や魚、大豆などには皮膚を構成するために必要不可欠な良質のたんぱく質がふくまれているので、積極的に摂取することをおすすめします。たんぱく質は肌の新陳代謝を改善して、透明感をもたらしたり、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの源にもなります。