• ホーム
  • 実は具体的に知らない?!寝不足と肌荒れのメカニズムについて

実は具体的に知らない?!寝不足と肌荒れのメカニズムについて

美しい肌を手に入れるためにも、普段の生活習慣を整えることは基本だといわれています。特に寝不足は美容の大敵といわれるほど、肌荒れのメカニズムに大きく影響されることは科学的にも実証されており、仕事をされている社会人の方などは寝不足が続くことで翌日の肌にくすみだったり、化粧ノリが悪いと感じた経験をしたことのある方は少なくありません。

ただ、寝不足がどうやって肌荒れに繋がっているのか詳しく理解していない方も多く、肌があれてしまうメカニズムをきちんと理解しておくことで、普段の生活習慣を見直し綺麗な肌を手に入れることが出来るようになります。肌の健康や美容を保つために必要とされるのが、新陳代謝と呼ばれる肌の働きで、新陳代謝が活発であればあるほど、古い角質などが外にどんどん排出されていくため、常に新しく綺麗な肌が表面に出ている状態を維持することが出来ます。ただこの新陳代謝の働きは、人間が睡眠中に活発になる特徴があるため、十分な睡眠時間をとることが出来ずに睡眠不足の状態が続けば肌が不健康な状態が続くことに繋がります。

正常な新陳代謝の周期は約28日前後といわれていますが、寝不足が続いた状態になると正しく新陳代謝が行われなくなってしまい、通常は外に排出されるはずだった古い角質がそのままとどまった状態になります。そうなると肌表面に透明感がないくすみが目立つ状態になってしまったり、メイクのり悪い状態を引き起こしてしまうのです。
肌の新陳代謝を促しているのは、脳下垂体から分泌される成長ホルモンです。この成長ホルモンが活発に分泌されるのは睡眠中なので、何らかの原因で寝不足の状態が続けば成長ホルモン自体の分泌が不足してしまうため、結果的に肌の新陳代謝が行われず、サイクルが崩れてしまう原因となります。このメカニズムから、寝不足気味の方や昼夜逆転生活をおくっている方、浅い眠りを繰り返して深く眠れていないという方は、肌荒れが起こりやすくなる傾向を持っています。

そのため肌荒れが気になるという場合は、毎日決めた時間には必ず布団に入るようにして、スマートフォンやパソコンなども使用せずに体を休めることが大切です。眠りが浅いという場合は、眠る3時間前に半身浴を行うようにするとリラックス効果で熟睡しやすくなります。肌荒れを起こしてしまっている肌は、念入りに保湿ケアを行うことが大切です。セラミドや天然保湿因子に働きかけるスキンケア化粧品を使用すると、自然に肌バリアを維持させて健やかな肌質に整えることが出来ます。